忍者ブログ
目標: 月1回以上更新すること
> ホーム <
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


いつの間にか「ブログ」のアクセスが「移転しました」を超えていた。



休日のほうがアクセスが少ない。特に「移転しました」はこの傾向がつよい。


検索ワードは「電光掲示板メーカー」と「移転しました」がほとんどだが、
何故か「BVE」「Freetrain」が多い。



なぜか「Kanchi」で検索する人が多い。


検索語「火狐」だけでここに辿り着いた超人がいる。


ブログはユニークアクセスの割合が多い。つまり本館からリンクをたどってくる人は少ない。


PR
あけおめ。

2009年、世界は昨年に続く大不況に見舞われる。
そのなかで、人々は職を失い、夢と希望を失ってゆく。
ところが、現代日本においてはこの怒りをぶつける場所がない。
この国には皆でワイワイ騒ぐようなコミュニティがないのだ。

人々は、自分の顔と名前を晒さずに好き放題言える「仮想世界」
へとのめり込み、コミュニティの仲間と暴言を吐き合い、喧嘩を楽しむのであった。


…というわけで、去年は景気がよくて現実世界で遊んでた人が多かったけど、
今年はネットが賑わいそうな気がする。
ネットは金がなくても遊べるからね。
ちなみに俺は無料サービスしか使ったことないよ。
2008年、今年の地球は激動の1年であった。
我がサイトも迷走を続けていたような気がする。
…てなわけで1年、いや、サイト開設から今までを振り返ってみよう。

2005/3/1、サイト開設
history2.png
当時のサイト名は「無料ソフト研究所」。
自作ソフトをばら撒くだけでなく、あらゆるフリーソフトを収集し、使い方を紹介しようという意図があったようだ。

なお、この当時はinfoseekの鯖を使っていた。

当サイトは「2005年開設」と表記しているが、
実際には2003年ごろから「フリーソフト・CGI配信ページ(タイトル未定です。(・_・;))」という名前で存在していた。
この「フリーソフト・CGI配信ページ」は管理人の黒歴史なので、当時配布していたコンテンツは全て抹消されている。ちなみに、このサイトはJavaScriptの乱用が酷かった。
JavaScriptの乱用は「無料ソフト研究所」時代もしばらく続いた。

開設当時は「HSP講座」なんてのも存在してたのだがどこへ消えたのやら…

2005/4/10、初代「電光掲示板メーカー」公開
今やこのサイトのメインコンテンツである電光掲示板メーカー。
その最初のバージョンが公開されたのだが、操作性が最悪だ。
しかも設定の自由度が少ない。
もちろん、最新バージョンは1から作り直したので簡単に使えるし画質もいいのでご安心を。

2005/9/28、掲示板開設

Kanchi Studio初の掲示板。
レンタル掲示板を使ったり、スクリプトを自作したり、
と、これ以降リニューアルが3~4回行われる。

2005/9/29、「PC技集」開設

「Flashを携帯に入れて持ち運ぶ方法」というページができた。
アクセス数は他のページの10倍と、ダントツに多かったが、
Flashブームが衰退したので削除した。
history1.png
2006/1/1、デザイン変更

右の写真のようなサイトになった。
正直言って今のデザインよりも美しいと思う。
なお、トップページの新年挨拶に2ch(の運営)を批判する文言を3日間掲載したが特にクレームなどは来なかった。

2006/1/9、「移転しました」公開

このサイトで2番目にメインのコンテンツ、「移転しました」を新年早々公開した。
2週間後にサイトのアクセスが急増した。「窓の杜」のニュースに掲載されたのだ。
自分のソフトを大手のニュースサイトで取り上げてもらえるとは… 感動した・゚・(つД`)・゚・

2006/12/7、「URL Picker」公開
これも窓の杜で紹介されたが、Vectorのレビューにも掲載された。
しかし、「常駐ソフト」はたとえ使用頻度が高くても邪魔だ。
また、URLをクリックできるテキストエディタも普及したので、このソフトは存在意義が薄れてきた。

2006/3/20、掲示板リニューアル
更新情報には、「高性能な掲示板『Kanchi Studio6号館』がオープンしました。 」
と書かれている。確かに高性能だった。
「サブカテゴリ」機能、タグ入力機能、…
だが、プログラムに異常が発生し、使用不能になった。

2006/6/22、名称変更
サイト名が実情に合わなかったので「Kanchi Studio」に改称した。
この辺りの数ヶ月は毎月のようにソフトを公開していた。
しかもトップページの画像が異常な頻度で差し替えられていた。
あの当時の精力は一体どこへ…
mona.jpglogo2006_02.png
logo2006_03.png
logo2006_04.png

2006/8/28、2006年最後の更新
history3.png
この日を最後に、HPの更新が止まる。
しかも2007年の更新履歴が存在しない。
2007年のサイトを見ると、右の写真のように「メンテナンスのお知らせ」が…

URL Pickerと素材集を強化すると書かれているが、むしろ縮小されてしまった。
ちなみに、この時点で電光掲示板メーカー2の開発が予告されていた。

2007/12/31、大晦日の復活
更新内容は、新型掲示板の設置とデザインの更新。history4.png
数日後には、トップページにGIFアニメを設置する。
左右に余白を入れ、上部にサイトのロゴを大きく載せるという、ブログ風のデザインになった。これ以降、サイトのデザインが迷走を始める。

2008/1/13、「電光掲示板メーカー2」公開

これまでDelphiやHSPを使ってた管理人の.NET第1作という意味で意義の大きい更新である。また、このバージョンアップにより窓の杜に記事が掲載され、電光掲示板メーカーはこのサイトのメインコンテンツに昇格する。
といっても、ソフト自体が「鉄道ファン」という特定ユーザー層を狙っていたこともこのソフトが人気の理由かもしれない。最近はこのソフトで作った画像を印刷して鉄道模型に使う、という意外な利用法もあるらしい。
いつも使ってくれてありがとう。

2008/1/26、ブログ開設

現行のブログが開設された。
「無料ソフト研究所」時代はLivedoorブログを使ってたのだが消しちゃったかな?
昔のブログは2ch系のネタが多かったような記憶がある。

2008/2/10、「液晶モニタ計算機」公開

初のブラウザアプリ公開。
とはいっても第2弾開発の予定は今のところない。

2008/6/23、デザイン変更

配色とトップページの絵を変更しただけ。
萌え絵の出来損ない。黒歴史。

2008/11/3、「電脳白板」公開
ホワイトボード風のAjax掲示板。

こうやって振り返ると、最近はソフト重視でサイト自体の面白みが少ないな…
果たして来年はどうなるだろうか?

来年の予定はここには書けない。
紅白とかアニソン三昧とかガキ使とかで忙しいんだ

Windowsサイドバーのガジェットはユーザーが好きなものをダウンロードして追加することができる。
しかし、通常のソフトとはファイルの構造とかが違う。
中身はzip圧縮されたJavaScriptベースのプログラムで、exe形式ではない。

でも、知恵の実.comなんかにはガジェットがまとめられたページがあったりもするので、
一般には「ガジェット=ソフトウェア」だと認識されているのだろう。
一方で、ブラウザ上で動くアプリはこういったソフトウェアリンク集ではあまり掲載されていない。
なのでAjaxやFlashは「ソフトウェア」だと思っている人は少ないのだろうか・・・

一方で、ゲーム系のリンク集では、ダウンロード型のゲームとFlashゲームの両方を扱っている
ところが多いし、携帯アプリのサイトでは、JavaのアプリとFlashゲームを区別なく扱ってたりもする。


現時点で、ソフトの実行環境には代表的なものにPCソフト、携帯アプリ、ブラウザ、ゲーム機があるわけだが、
今後数年の間に細分化が進むかもしれない。
果たしてリンク集やダウンロードサイトはどのような分類を行うのだろうか・・・
Kanchi studioは、「◆000mM2m2Mw」と合併する予定です。
合併により、当サイトでのゲーム開発が開始されます。

合併後の名称やサーバーの場所については未定です。
ブログ内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
~*~*~*~
カウンター
最新コメント
[09/25 紗弥加]
[09/09 しょうこ]
[08/11 かおる]
[07/30 みなみ]
[07/22 純]
最新トラックバック
アクセス解析仕掛けてます
忍者ブログ [PR]